研修講師・コンサルタント

HOME > 採用情報 > 研修講師・コンサルタント

コンサルタント 神田啓輔

入社のきっかけ、動機 「人や組織がいかに成長していけるか?」を、信じられないほど本気で考えている。

私の前職は人材関連の会社で、人事・営業などを経て、研修事業の立ち上げを経験しました。研修テーマは、中高年のセカンドキャリア、海外で活躍できる若手人材の育成など、さまざまでした。長期間にわたるプロジェクトも多く、事務局として、参加者が成長していく姿を間近で見ることができました。

同時に、プロジェクトを実行してくれる個性豊かなコンサルタントの方々とも出会いました。パートナーとして一緒に仕事をしていく中で、さまざまなアプローチで人や組織を活性化していくコンサルタントという仕事の素晴らしさに気がつき、チャレンジできる可能性を模索していました。

そんな時に、出会ったのが当社です。

一番共感を覚えたのは、

「どれだけ現場で実践できるか?それが組織に浸透するのか?」を本気で考えていたことです。

社長との5回の面談を通じて、一つ一つの案件に対するこだわりや想いを具体的に聞き、そのことを確信しました。コンサルタントは未経験で不安がなかったと言えば嘘になりますが、思い切ってチャレンジをすることにしました。

現在の主な仕事内容

現在は、企業向けの集合研修を中心に担当しております。テーマは、新人のビジネスマナーから、キャリア形成、営業、マネジメント、問題解決や事業戦略、アセスメントなど多岐にわたります。

同じテーマであっても、研修に対するクライアント(担当者)の期待や想い、参加者の置かれた状況は、その都度異なります。企画担当との打ち合わせを重ねるだけでなく、クライアントを訪問して、生の情報を伺いながら調整をしています。

当社のよいところは?どんな社風?

「神田さん、今の説明では、参加者の皆さんには伝わらないよ」

私が初めて講義を担当する社内デモンストレーションをしていた時、企画担当から何度も指摘を受けた言葉です。

“参加者の皆様に腹落ちしてもらい、自ら行動を起こしてもらうためには、どう伝えるのがいいのか?”をとことん突き詰める、妥協を許さない当社のイズムを感じました。

またそのこだわりは、仕事にとどまらず運動から趣味まで、突き抜けた趣味においても発揮しているメンバーが多いと感じます。

仕事のやりがいや面白さ、難しさは?

「参加者が、これから前向きに取り組む自分の姿を思い描いていただけたとき」

プログラムが終了した時、参加者の目の輝きや、お別れの挨拶を交わす時の声の調子から、そんな様子を感じ取れた時には充実感を覚えます。また、参加者が作成した挑戦的な職場実践計画を見た際にも、同じ思いを抱きます。

そして何より、半年後のフォローアップの際に、成果を聴けたときには何にも代えがたい喜びです。一人でも多くの方から、よい報告をお聞きできるよう、日々努力している毎日です。

コンサルタントの仕事とは?

「学びの場」を創り出し、「納得解」の実践をサポートする場をつくることだと考えています。私の考える「学びの場」には3つの意味があります。

 

・知識や理論などを「習得する場」

・日々抱えている問題、これから挑戦していきたい課題、それらを一緒になって「考える場」

・話し合いの過程の中で、参加者の心の奥底を揺さぶるような納得解と「巡り合える場」

 

参加者の皆さんにとって貴重な「学びの場」を創り出し、そして皆さんが職場に戻り、周りを巻き込みながら実践される際には、全力でサポートしたいと考えています。

コンサルタントとして大切にしていることは?

「向き合う」「感じる」「応える」

先ほど申し上げた通り、研修のテーマはさまざまで、コンサルタントとして知識の蓄積は、欠かせません。しかし、それだけでは、参加者お一人お一人に本当に伝えたいことを届けることはできないと考えています。そのため、3つの事を大切にしています。

まずは、参加者お一人お一人に「向き合う」

そして、お一人お一人の想いを「感じる(受け止める)」

その想いに全力で「応える」

一人でも多くの方々にお応えできるよう日々努力し、人や組織の成長に貢献したいと考えております。


コンサルタント 並木寿誌

並木寿誌

現在の主な仕事内容

人事・教育コンサルタント(研修講師)として、営業企画部の受注案件について、研修現場の運営、管理業務を行っています。事務局様のご要望に沿った形で研修運営し、受講者の方々の満足度を最大限高めるべく、日々努力しています。

入社のきっかけ、動機

前職において、後輩や部下の指導・育成に携わる機会が多かったことから、「将来は、人が育つお手伝いをする仕事に挑戦したい」という思いを抱くようになったことが、入社のきっかけです。
また、上司や先輩社員から「話が上手い」、「わかりやすい」と評価いただくことが多く、人前で話し、人を動機付けることに自信が持てたことも大きな要因です。

仕事のやりがい、こだわりは?

研修の場では、受講者の方々との「本音のやり取り」を大切にしています。
人は誰しも、「こうすればよい」、「こうするべきだ」という「答え」に気付き、その価値を頭で理解する力は持っています。
しかしながら頭で理解したことを腹落ちさせ、納得した上で行動の改善に結びつけることは、決して容易なことではありません。その「橋渡し」をすることが、この仕事の本質だと私は思っています。
研修現場で受講者の方々と本音で話し合い、「やってみます!」、「挑戦します!」の言葉が聴けたとき、この仕事について本当に良かったなあ・・・という喜びを感じます。

休日の過ごし方、趣味は?

並木

毎朝1時間、10キロ程度のジョギングが日課です。雨風の激しい日を除いて、ほぼ毎朝走っています。早起きして走ると、代謝が高まり太りにくい体になりますし、脳も活性化します。まさに「一石二鳥」です(笑)。

ジョギング熱が高じて、ここ数年は年に何回かフルマラソンにチャレンジしています。タイムは毎回平凡ですが、一度もリタイアすることなく、全てのレースを完走してきたことが自慢です。

今後に向けての思い

今後の日本は、人口減少化での国力の維持という、かつて経験したことがない難しい舵取りを強いられます。
日系企業もまた、中高年や女性の活躍の場を拡げつつ、価値観の多様性を尊重するダイバーシティ経営の「底力」が試される局面を迎えつつあります。
こうした難しい企業経営環境下、一介の研修講師に出来ることは限られていますが、私としては、自分に出来ることを精一杯やり抜くことが大切と考えています。
私に出来ることは何か?それは、「仕事を通して成長したい」、「自己実現を図りたい」という、働く人の「思い」を実現するお手伝いをすることです。
気力・体力の続く限り、出来るだけ長く今の仕事を続けていきたいと思っています。

入社を検討されている方へのメッセージ

働く現場の年齢構成が「いびつ化」している昨今、人と組織を活性化する人事コンサルタントの需要は、業種横断的に益々高まっています。
当社は小さな会社ですが、お付き合いさせていただいているお客様は、各業界のリーディングカンパニーばかりです。自分の力を試してみたい、とお考えの方には、打ってつけの職場だと思います。是非、前向きなチャレンジをお待ちしています。

お問い合わせ

事業・パートナー・採用に関するご相談はこちらからお問い合わせください

お問い合わせ

Copyright (C) 2017 CO., LTD. All Rights Reserved.